スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごあいさつ

この会は、2007年に別記世話人が中心になって、国内的にも国際的にも行き詰まっている日本を立て直すにはどうしたらよいか、まずは精神復興が必要なのではないか、という問題意識からスタートいたしました。

2011年、日本は、1000年に一度と言われる東日本大震災並びに原発事故に遭遇し、緊急を要するにもかかわらず、政治・経済ともに場当たり的な対応しかできないままに、右往左往するような状態が続いています。
こうした戦略性のない対応は、基本的に国家としての中心軸が欠如していることに起因していると、私たちは認識しています。
日本は、いまこそ、国家の中心軸をしっかりと確立し、毅然として国家のあるべき姿を示し、世界に向けて政治的・経済的な理念・指針を発信していくべきだと思います。『理想国家日本』ここにありと、内外にその理念を表明し、その理念に基づいた行動を起こすべきだと思います。

現在、当会は次の「真・保守主義」を掲げて活動しています。

真・保守主義
1.社会生活
 ①国民は一人ひとり自分の人生に責任を持ち、自助努力の精神を基本とする。
 ②家族愛、郷土愛、祖国愛を貫くのは信頼関係をベースにした相互扶助であるが、自立した個人であってこそ、他者との絆が実を結ぶ。

2.経済活動
 ①自由主義経済を中心とする。
 ②税金も規制もできるだけ少ない方がよい。

3.精神生活
 ①国家の諸活動は、政治も経済も、科学技術や教育も、すべては国民の高い精神性の上に花開く。
 ②社会生活は、国民の精神性のレベル以上にはなりえないので、わが国固有の歴史や文化、言語に誇りを持ちつつも、国民のさらなる精神的向上を目指す。

4.国際関係
 ①真なる個人の自立、国家の独立があってこそ、正しい国際関係を築き、国際貢献することが出来る。
 ②日本は21世紀の世界の模範となるべく、理想像を掲げ、行動する。

この趣旨にご賛同いただける東京大学OBの方々には、ぜひこの運動に合流していただきますよう、祈念申し上げます。

代表:細川勝由
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。